Interview

ミラトレではたらく自信を取り戻し、はたらき続けたい企業と出会えた

ミラトレ上野

N.Tさん

うつ病

通所期間
1年2カ月
職業先企業
日新火災海上保険株式会社

就職までの道のり

利用開始
利用当初から週5日通所
9カ月目
企業の就労実習2社経験
10カ月目
就職活動をスタート
1年2カ月後
就職内定!ミラトレ卒業

体調が安定せず、転職を繰り返していた

リーマンショックの影響で卒業間近に内定取り消し。体調を崩しがちに

現在は、東京海上グループに属する「日新火災海上保険株式会社」に勤務しています。リスク管理業務品質部企画グループに所属し、主に書類の整理や管理、社内の配送業務などを担当しています。

2008年に発生したリーマンショックの影響で大学卒業間近に内定取り消しを受けてしまい、将来について極度な不安におちいりました。睡眠や食事がとれなくなったり、過呼吸を起こしたりと体調を崩すように。心配した両親の勧めで精神科を受診し、うつ病と診断されました。

うつ病を発症してからは、月に一度の通院や毎日の服薬といった負担が増え、車の運転や飲酒の禁止など、生活をしていく上での楽しみを失いました。内定取り消しを受けなければ体調を崩すこともなく、周りの人と同じようにはたらけたのではないかと、当時は生きづらさを感じることも多かったです。

将来への焦りから体調を優先できず、障害者雇用枠を選択

前職では物流業界の総合職など、一般雇用枠でいくつかの企業に勤めた経験があります。一度体調を崩してからは、安定的な就労ができず、転職を繰り返していました。体調が戻らない状態でもはたらいていたのは、将来への焦りを感じていたからだと思います。

転職を繰り返しながら仕事を続けていましたが、心身ともに安定している状態とはいえないと自覚していました。このまま就職活動を続けても同じことの繰り返しになってしまうと思い、転職活動を一旦ストップしようと決意。まずは体調と心を落ち着かせ、障害者雇用枠ではたらくための準備を整えようと考えました。

ミラトレでなら自分に合った就職先を見つけられると思った

企業実習を通して取り戻した自信、ミラトレの就職支援を積極的に活用

ミラトレを利用する前は、障害者を対象とした就職支援エージェントに登録して就職活動をしていました。障害者としてはたらくための支援サービスはないか調べていたところ「ミラトレ」を知り、「ミラトレ上野」を体験利用することに。事業所内の雰囲気や支援員の方の丁寧な対応に魅力を感じ、ここでなら自分に合った就職先を見つけられると思い、利用を決意しました。今まで知らなかった「自立支援医療」や「障害年金」について詳しく教えてくださったことも、安心感につながりました。

ミラトレ上野に通所していた期間は、1年2カ月です。利用当初から週5日通所できていました。支援員の皆さんがとても優しくて温かい方ばかりで、何か困ったことがあっても相談しやすかったです。体調が安定し、はたらく準備も整ってきたタイミングで、企業での就労実習に参加しました。2社の実習を通して、仕事をすることに対して失っていた自信を取り戻せました。

ミラトレに通い始めてから10カ月目に就職活動を開始。障害者雇用枠での就職活動は初めてだったので、わからないことは積極的に支援員の方に確認しました。履歴書や職務経歴書の書き方、面接練習などのサポートを受けました。

自身の特性と上手に向き合う方法を学べた「オンとオフの切り替え講座」

ミラトレでのトレーニングで役に立っているのは「オンとオフの切り替え講座」です。私はオンとオフの切り替えがうまくできない性格で、一つのことをずっと考えてしまう傾向があります。休みの日も仕事のことを考えてしまい、ゆっくり休めていませんでした。受講をきっかけに、メリハリをつけて仕事をすることの大切さを学び、長くはたらき続けるためにも重要だと実感できました。

現在もオンとオフの切り替え方法として実践しているのは、意識的に外に出て気分転換をしたり、スポーツで体を動かしたり、人に会っていろいろな話を聞くこと。考え込んでしまいそうな時は、なるべく自宅で一人過ごすことがないように心がけています。

自身の特性と上手に向き合う方法を学べた「オンとオフの切り替え講座」

いろいろな企業と一度に出会える合同面接会に参加

就職活動で大切にしていたことは、ミラトレから共有していただく情報だけに頼るのではなく、自らも動くこと。就活サイトを見ている時に合同面接会の開催を知り、一日でいろいろな企業の説明や面接を受けられるチャンスだと思い参加しました。事前にリストアップした企業を中心に、当日いくつかの企業の説明を聞き、一次面接も受けました。その中で出会えたのが現在勤めている企業です。

苦手意識のあった面接は何十回も何百回も練習した

就職活動で特に力を入れていたのは面接対策です。ミラトレを利用するまでは、自分の特性について理解していなかったので、「障害の特性は?」といった障害者雇用ならではの質問に、最初のうちはスムーズに答えられませんでした。支援員の方のサポートで自身の特性を理解することからスタートし、面接練習は何十回、何百回と付き合ってもらいました。通所時間を過ぎても親身になってアドバイスしてくれたことがとても印象に残っています。

実際の面接では、1次、2次、3次面接とも面接官の方がとても優しかったことを覚えています。これまでの経歴についても、「さまざまな企業ではたらいた経験がある」とプラスに捉えてもらえたことに驚きました。ここではたらきたいとの思いが強くなっていたので、内定をいただいたときは嬉しかったです。

面接練習を通して、自身の障害や特性としっかり向き合えました。また、これまでの自分をゆっくり振り返り、自分に合っている企業ではたらくために必要なことについても考えられました。ミラトレに通うことで、自分を受け止める時間をつくれたと感じています。

長くはたらき続けるために、自分から相談することが大切

無理をせず、少しずつできる業務が広がっている

現在担当している主な業務は、「書類の整理・管理」「メールのチェック」「社内の配送業務」の3つです。弊社は全国に支店があり、毎月大量の書類のファイルが本社に送られてきます。事故明細番号を付けて管理したり、担当者が確認したファイルを返送したり、とても重要なファイルなので細心の注意を払う必要があります。やりがいを感じる時は、1件の漏れもなく返却できたとき。メールのチェックや社内の配送業務についても、一つひとつ丁寧に対応するよう心がけています。

私はこの会社で長くはたらき続けることが目標です。そのため、何か困ったことがあれば溜め込まずに、自分から相談しています。ときには、仕事のペースを落としてもよいか上司に相談することも。少しずつ仕事の幅を広げられるように配慮してもらっているため、今は無理をせず勤務できています。

徐々に仕事を覚えて力をつけ、正社員をめざしたい

現在は、業務と並行して保険業界の専門用語の勉強や、「損保一般試験」などの資格取得に挑戦しています。今は契約社員ですが、勉強を続けながら徐々に仕事を覚え、正社員になって長くはたらきたいです。

うつ病を発症してから余計に「仕事に就くこと」はとても大変だと実感しています。だからこそ、ミラトレを利用する方で何か困っていることがあるなら、一人で悩まず支援員に相談してほしいです。ミラトレでは利用者一人ひとりにあった丁寧な支援を受けられます。自分自身を振り返る有意義な時間にもなるはずです。迷っているならぜひ一度ミラトレに足を運んでみてください。きっと温かく迎え入れてくれます。

企業担当者コメント

仕事の深さも、できる領域も、どんどん広げていってほしい

  • 日新火災海上保険株式会社
  • リスク管理業務品質部  土方様
  • 人事企画部  石川様

弊社では、グループ全体で障害者採用に力を入れています。ポジションを想定して採用する場合もあれば、この人材にはこの部署に入ってもらおうというように、マッチするポジションを見つけて採用する場合もあります。

Nさんに対しては、面接時の第一印象からとにかく人柄のよさを感じていました。選考結果をメールで連絡した際も、返事が早くて丁寧で、きちんとしているなと。現場の担当者による3次面接でも、既存メンバーとうまくやっていってくれそうだという印象を受けました。期待通り、入社後は既存メンバーからの評価も高いです。

Nさんにはできる業務の領域をどんどん広げていってほしいです。仕事の深さも、知識や経験が必要な難しい仕事にもチャレンジしてほしいと考えています。定型的な仕事からステップアップして、いろいろな部署で活躍できるような人材になってくれると期待しています。

※所属・役職ほか記事の内容は取材当時のものです

就労移行支援事業所
ミラトレ上野
所在地 :
東京都台東区東上野4-2-3 上野パークビル 5F
営業時間:
8:45 – 17:45
電話番号:
03-5806-5145

ミラトレについてもっと知りたい